さるうま!!!

馬券と一口馬主とPOGを頑張ってるおっさんのブログです。

無駄に長文が控えているので、前書きはなしで(・∀・)



阪神9R 忘れな草賞【L】

◎(2)ファジェス
☆(5)ステラリア
☆(6)シュレンヌ

買い目:単勝(2)、ワイド(2)→(5)(6)


ファジェスはプロフェットやクラージュゲリエの半妹、父がモーリスに変わり、サンデーサイレンスやRoberto、Sadler's Wells≒Nureyevなどをクロスする父母相似配合に。

兄たちと同様に小回り中距離を捲る脚質で、人気どころが大箱向きの馬(ここを勝てば本番でもの期待はしたくなりますが)だけに、内回りのここでこその狙い目。



中山11R 春雷S【L】

◎(6)レジェーロ
☆(1)マリアズハート
☆(11)ジャンダルム

買い目:単勝(6)、ワイド(6)→(1)(11)


土曜のニュージーランドTはバスラットレオンが外連味のない逃げで後続を圧倒、鞍上の手綱捌きも見事ながら、やはりGreen Desert(父Danzig)っぽさが出た馬の適性がピタッとコースにハマったのも大きかった。

先週のダービー卿CTもDanzig持ちが1、2、4着を占めていて、中山芝コース、特にスピードが求められる舞台ではDanzigの血が物を言うことを再確認。

ならば、ここも母父ロックオブジブラルタル(父父Danzig)のスピードとパワーで先行するレジェーロの押し切りに期待、バスラットレオンと同じキズナ産駒だし、短距離のオープンにしては徹底先行型が少ないメンバー構成も恵まれた。



阪神11R 桜花賞【G1】

◎(8)メイケイエール

買い目:単勝(8)


メイケイエールは、人気に推されているソダシと同じくシラユキヒメの牝系で、母母ユキチャンは関東オークスなど交流重賞3勝馬、そこにミッキーアイルが配された自身は、サンデーサイレンス3×4、デインヒル4×4、Sir Ivor≒Droneなど、強力な父母相似配合に。

特にミッキーアイルが持つBurghclereとFair Alyciaの脈絡に、ハービンジャーの牝祖Sauceboatを合わせているのが面白く、父親の主だった血を増幅した結果、父をさらにしなやかにしたようなスピード感あふれるマイラーが出ました。

Burghclere 2

Fair Alycia

Sauceboat
(´-`).。oO(ハービンジャーを種牡馬として導入した理由の一つが、実はディープインパクトとの牝祖同士の脈絡を考えてのことだったりして?)


ミッキーアイルは当時netkeibaのPOG指名馬だったのですが、デビュー戦は好位で折り合おうとしたものの、娘のチューリップ賞(ほど派手ではなかった気がするけど)よろしく騎手が抑え込むのにいっぱいいっぱいで2着敗退、次の未勝利戦でスタートから気分よく逃がせたら2着に5馬身差をつけ圧勝。

その後も基本的には逃げ先行策でスピードを活かす競馬でマイルG1を2勝、娘の陣営も今回は気分よく行かせる競馬を示唆していて、実際にチューリップ賞でも4角で先頭に立った時は折り合いがついて実に気分よさげにしなやかな走りを見せていました。

先週とは違い雨の心配がなく歴代でも屈指の高速馬場で行われそうな今回の桜花賞、ミッキーアイル似のスピードあふれるマイラーが、フルにスピードを活かす競馬をすれば誰も追いつくことはできないだろうという結論で。


メイケイエールと同牝系のソダシはパワーも柔さも兼備していて完成度も高く、好位からソツなく競馬ができて上位争いは必至、しかし59秒‐34秒というレース振りは中距離馬のそれ。

もちろん中距離馬でも勝ち負けできる舞台なのですが、例えばデアリングタクトのエルフィンSやアーモンドアイのシンザン記念のような「説得力」が、これまでのソダシのレースにあったかどうか。


アカイトリノムスメは三冠牝馬アパパネが初めて産んだ牝馬で、牝馬だけに母親のように俊敏に動けて兄たちよりもしなやかな走り、ただ同時期の母親と比べても馬体の線が細く、3歳春にG1でバンと弾けるイメージはちょっと湧かない。


サトノレイナスについては阪神JFで軽視してしまったときに書いたので、そちらを見てください(^_^;)

このときも強い中距離馬が中距離馬のレースをしてソダシを追い詰めたという結果には違いなく、ここもスローで流れるならともかく、メイケイエールがスピード全開で押し切るという前提で考えた場合、中距離馬では追走で手一杯になってしまう可能性もあるかと。

今日はワラウカドの馬が3頭も出走するので、各馬について簡単な見解を。


阪神4Rのブレスオブライフはナスキロ的というかWild Risk的というか、ストライド大きな走りなので阪神外回り替わりは歓迎、あとは距離延長が吉と出るか凶と出るか。

阪神5Rスパイラルノヴァの前走は勝ったに等しい内容でしたが、中山芝コース向きのデインヒル的資質が物を言った感じ、ここは雨が降って馬場が渋ればチャンス到来と見ますが意外と?雨が落ちて来ないようで……。

中山11Rには久しぶりのルヴォルグが出走、昨日のダービー卿CTを見る限り中山芝もだいぶ軽くなってきたようで、雨がひどく降らなければ人気よりは走ってもいいんじゃないかな?



阪神11R 大阪杯【G1】

◎(7)コントレイル
○(2)サリオス

買い目:馬単(2)⇔(7) (7)→(2)多め


昨年のクラシック戦線で、皐月賞:◎サリオス、日本ダービー、菊花賞:◎コントレイル、とした身としては、馬場が悪化するならサリオス逆転のチャンス到来や!と意気込んでいたのですが、そこまで雨の影響がないのであれば、コントレイル優位でしょう。

父のしなやかさと俊敏さに母のパワーが上手く噛み合った名馬で、ただしベストは東京芝中距離なので阪神内回りは一枚割り引く必要はあるし、皐月賞は外伸びの馬場を外から差して、伸びない内を割ってきたサリオスと半馬身差。

サリオスは次も安田記念なのでしょうか、しかし皐月賞の内容や毎日王冠の強さを見ると少しずつ中距離向きにシフトしているようにも思われ、姉サラキアも引退した5歳時が最も充実していたように、まだ成長が見込める血筋、立ち回り一つで逆転も可能か。


グランアレグリアは能力の高さでスプリントG1を勝ち負けしていましたが、芝8ハロンのG1を2勝した母の影響が強くベストは1400~1600、この舞台で芝中距離のトップレベル2頭相手に食い込むのは至難の業では。

レイパパレはディープインパクト×クロフネ×ナスペリオン血脈×マルゼンスキーなので、カワキタエンカに似た輪郭の配合、カワキタエンカを小柄で鋭敏にした感じの馬で底を見せていない魅力もありますが、さすがに雑巾かけが足りないかな?

今日はKingmamboのニアリークロスを東西で狙います(`・ω・´)



阪神11R コーラルS【L】

◎(7)バティスティーニ

買い目:単勝複勝(7) 複勝多め


バティスティーニの母母ビーバップの牝系は、リリーノーブル(父キングカメハメハ)やイースター(父エルコンドルパサー)などKingmamboの血と相性が良く、それは両者がニアリークロスになる関係だからと言えるでしょう。

Kingmamboとビーバップ

Mr. Prospectorとレイズアボーイ

Specialとネヴァーキャッチ


若い頃はホープフルS(当時はG2)3着など芝の中距離馬だったバティスティーニも、だんだんとKingmamboのパワーが発現してきたのか最近はダートのマイラーとして活躍中、前走は手応え良く直線迎えたものの窮屈になってまともに追えず、ここは巻き返してもいい一戦。



中山11R ダービー卿チャレンジT【G3】

◎(14)アトミックフォース

買い目:単勝複勝(14) 複勝多め


アトミックフォースの母母タックスヘイブンもまた、アットザシーサイドやアルバタックス(どちらも父キングカメハメハ)のようにKingmamboと相性がいい牝系で、理由もまた同じように両者がニアリーな関係だから。

Kingmamboとタックスヘイブン

SpecialとParty's On Me

※ThongとLt. Stevensは全きょうだい、Nashua≒Nantallahについては、この記事のスウィートアンドフローレス2019の部分を参照してください


やはりKingmamboのパワーが出てくるのも一緒で、アトミックフォースも(そもそもワークフォース産駒だからというのもありますが)少し時計が掛かる馬場が合っているタイプ。

前走は初のマイル戦に臨み上位2頭には離されたものの3着馬とは差のない競馬、ここは前走以上に前が激しい争いになりそうで、外好位という競馬ができれば持ち前の持続力が活きるはず。

名古屋は雨が降ってきましたねぇ(朝9時30分過ぎ)、馬場状態に加え風向き(風量は強くなるらしい)など読めない点も多いですが、本命は週の半ばから決めていましたので……。



阪神11R 六甲S【L】

◎(14)プリンスリターン

買い目:単勝複勝(14) 複勝多め


昨日の阪神芝は、毎日杯でコースレコードが出るくらい高速の馬場でした(そこでダディーズビビッドを本命視しちゃアカンわなぁ……)が、今日は朝から雨なので多少は渋くなるはず。

プリンスリターンは父ストロングリターンとも似た適性の、Nijinsky的ストライドで走る大箱向きマイラー、私が生観戦したシンザン記念がベストパフォーマンスですかね、少し時計面に限界があるので1分33秒台の争いなら。

ストロングリターンはお馴染み?Vaguely Nobleを持つので、外枠から揉まれないかたちでの競馬ができそうなのもいい。



中山11R マーチS【G3】

◎(7)マイネルユキツバキ

買い目:単勝複勝(7) 複勝多め


人気のアメリカンシードはダート転向後3戦3圧勝と底を見せていませんが、父TapitでSecretariatやSeattle Slewのクロスで大きなストライド走法の馬ですから本来は大箱向き、雨で脚抜きが良くなればともかく、中山ダートが合っているとは言い難い。

「Mr. Prosprctor+Roberto+Special」のニックスを持つアイルハヴアナザー産駒で、自身はSadler's Wellsクロスのマイネルユキツバキは、仁川Sや福島民友Cを勝つなど小回り中距離が得意な馬。

前へ行きたい馬が多く上がりが掛かりそうな流れも、シビルウォーの甥にあたりスタミナ型の同馬には持って来いでしょう。



中京11R 高松宮記念【G1】

◎(4)モズスーパーフレア
☆(10)ラウダシオン
☆(14)ダノンスマッシュ
☆(16)レシステンシア

買い目:単勝(4)、ワイド(4)→(10)(14)(16)


去年に引き続きモズスーパーフレアを本命視、配合解説はリンク先を読んで下さい(^w^)

去年ほどではないかもですが、ここで1200を初めて走る(しかも人気どころ)馬が多いというのも去年と似てますかね、そういうレースだからこそスプリンターらしいスプリンターに本命を打ちたくなるし勝ってほしい。


相手は人気馬3頭、いずれも「強い1400馬(だと私は思ってる)」で、能力の高さで1200や1600でも好走してますが、どの馬も一番内容の濃い競馬は1400のレースで、ピュアなスプリンターとは言えないかなぁと。

まあ、ロードカナロアとかコパノリチャードのように1400馬が勝つことも十分あり得るんですけどね。

雨……、しっかり降ってますね(´・ω・`)

この天気の中、重賞もない中京競馬場に出掛けるのは我ながら物好きだなぁと思いますが(10Rに出走するヴィアルークスは非出資ですし)、ご一緒の方はよろしくです。



中山11R スプリングS【G2】

◎(6)アサマノイタズラ
☆(1)ランドオブリバティ
☆(5)レインフロムヘヴン
☆(9)ロードトゥフェイム
☆(14)ヴィクティファルス

買い目:単勝(6)、ワイド(6)→(1)(5)(9)(14)


中山競馬場も一日雨模様、そうでなくても昨日から少し時計が掛かり気味だった中山芝コース、重い馬場に負けないような重厚さを持つ馬に注目。

アサマノイタズラの母ハイタッチクイーンはキングヘイロー×オペラハウスという配合で、現役時代に小回り中距離を3勝、そこにヴィクトワールピサでHalo≒Drone≒Sir Ivor4・5×5・4・5となった自身も小回り中距離を捲る脚質の馬に。

ヴィクトワールピサにダンシングブレーヴにオペラハウス、ドバイWCに凱旋門賞にキングジョージという欧州色の強い配合ですから、前走のような上がりの競馬で負けた結果は度外視して、厳しい流れの重賞(しかも重馬場)でこそ狙ってみたい。

↑このページのトップヘ